〇デッキレシピ

〇キーカード紹介

〇手札交換の基準

〇デッキの動かした

〇その他カードの採用理由

デッキレシピ

 

 カードNO.  カード名  枚数
 ●キャラクター
 B03-21  タイジョウ  1枚
 B03-22  サンテラ  3枚
 B02-91  ブライニーネット  2枚
 B03-42  テンクウ  1枚
 B03-02  メキラ

 1枚

 B03-62  キジン

 1枚

 B03-82  ビカラ

 1枚

 ●サーバント
 B03-23  青龍  4枚
 B03-86  伽藍  4枚
 PR-055  もこもこ  2枚
 B02-18  鴨 胡桃  1枚
 B03-07  ダイオン  2枚
 B03-87  ペルシア  2枚
 PR-061  マーガレット  1枚
 B03-89  朱雀  3枚
 PR-06  御邪魔虫  1枚
 PR-54  インダラ  3枚
 B03-31  タイター  3枚
 B03-35  バサラ  3枚
 B03-93  晴明  3枚
 ●マジックアイテム
 B03-96  朱雀の秘書  2枚
 B03-18  黒玻璃のかけら  2枚
 B03-39  グラムの杖  4枚

 

キーカード紹介

●B03-21 タイジョウ

 

十二将を組む上ではほぼ必須のカード。このカードが場にある時にエナジーゾーンのカードが全て「種族:十二将」ならば、手札にある「種族:十二将」のカードは色指定コストを全て無色コストに変換する能力を持ちます。このカードがあることでカードプール内の「種族:十二将」を持つカードを色を考えずに全て混ぜて構築が出来るため、「種族:十二将」のデッキはまずこのカードを場に出すことから始まると言っても過言ではありません。一応互換カードとして「泰山」というカードもありますが、こちらにはおまけで1ドローがついているので、基本的にはこちらを採用することになるでしょう。

 

●B03-86 伽藍

 

自分のエナジーゾーンのカードが全て「種族:十二将」ならば2コストで300/400の高ステータスに【疾風】とスタンバイ状態のサーバントに攻撃できるという破格の性能を持ったサーバントです。

相手が序盤に展開してきたシステムサーバントをほぼ一方的に倒していくことができるので、序盤の盤面をかなり有利に進めていく事が出来ます。【疾風】があるので終盤までアタッカーとして使えて無駄が少ないのもポイントが高いです。

●B03-31 タイター

 

自分のデッキから合計コスト4以下の「種族:巫女」を持つサーバントをそのターン中だけ召喚できる能力を持つサーバントです。

合計コスト4以下の「種族:巫女」を持つサーバントには、アタッカーから除去、各種サポートまで多種多様なカードがあり、このカード1枚でかなりの役割をこなすことができるとても器用なカードです。呼び出したサーバントはターン終了時にデッキの下に戻りますが、それを利用して少ない枚数でいろいろなサーバントをデッキに入れて、それらを状況に合わせて使いまわすことができます。

「種族:十二将」以外が場に残りづらいので、緑の除去などでエナジーゾーンに「種族:十二将」以外のカードが置かれにくいのも評価できるポイントでしょう。

●B03-35 バサラ

 

自分のエナジーゾーンのカードが全て「種族:十二将」なら相手の場のサーバントを2枚除去できるというとても強力な能力を持つサーバントです。このカードを連続でプレイできれば相手の盤面はみるみるうちに崩壊していくことうけあいです。「種族:十二将」のデッキは序盤~中盤はカードパワーの高いサーバントで盤面を維持し、終盤からこのカードの高い制圧力で相手の場を崩して行き、それでも追いつかない時は「晴明」でリセットというのが基本的な動きになると思います。

 

手札交換の基準

「サンテラ」のおかげでコスト3以下のサーバントはある程度自由に回収が可能なので、初手から引き込んでおきたい序盤のカードはほぼありません。ただ、キャラクターはなるべく使わず温存できるにこしたことはないので、序盤から終盤までのカードをバランスよく引き込めるのが理想です。どちらかと言えば中盤~終盤のカードが多い方が対応しやすいといった感じです。

 

 

デッキの回し方

序盤

1ターン目はとりあえずまず「タイジョウ」を場に出すところから始めることになるでしょう。

サーバントは1ターン目は「青龍」、2ターン目は「伽藍」を出すのが基本になります。

 

中盤

3ターン目は相手の場のサーバントの攻守に合わせて「ダイオン」と「ペルシア」を使い分けていきます。

相手の場のサーバントの攻守にあった方が無い場合や、そもそもどちらも無い場合は「サンテラ」で回収してきて

出しましょう。

4ターン目は基本的に「朱雀」を出して攻撃して「テンクウ」を出していく流れになると思いますが、相手が同じ「十二将」デッキの場合は墓地に3コスト以下のサーバントがある場合も考えられますので、その場合は「インダラ」をプレイすることも選択肢に入ります。

 

後半

終盤は「バサラ」や「晴明」で相手の盤面を崩していき、豊富に入っている【疾風】持ちサーバントなどで攻め切る流れになると思います。このデッキはカードパワーは高いですが、純粋に手札が増えるカードが少ないので、長期戦はあまり得意ではありません。ゲームが長引く前にタイミングを見計らって一気に攻め切りましょう。

 

 

その他カードの採用理由

 

キャラクター

B03-22 サンテラ

どうしても手札に欲しいサーバントが出来た時、それらをデッキから回収するのが主な仕事です。

 

B02-91 ブライニーネット

手札を捨てることでデッキから好きなマジックアイテムを回収できるので、状況に合わせて必要なマジックアイテムを使い分けることができます。

 

B03-42 テンクウ

2種類の起動能力を持つカードです。片方は1ターンに1度自分のサーバントに+100/+100カウンターを乗せられる能力。もう片方は自分の場の+100/+100カウンターを好きな数取り除き、その数以下の合計コストを持つサーバントを自分のエナジーゾーンから呼び出せる能力です。後者の能力は使用できるタイミングは限られますが、前者の能力は毎ターン自分の場のサーバントを確実に強化していけるので、出しておいて損の無いカードです。

 

B03-02 メキラ

相手の場の攻撃力400以下のサーバントを全て破壊できるカードです。相手が大量に低~中コストのサーバントを展開している時に使えれば効果的です。コストが高いカードはこのカードでは破壊できない場合が多いので、それらは「バサラ」や「マーガレット」などで対処しましょう。

 

B03-62 キジン

自身が700/700のサーバントになり、追加で2ドローができるカードです。上で説明しましたが、このデッキは手札が増えづらく長期戦があまり得意ではないので、そのあたりを補填してくれます。

 

B03-82 ビカラ

自身が700/700のサーバントになり、更に【疾風】も持っています。単体でもアタッカーとしては十分ですが、更に追加でデッキから合計コストが3以下の赤のサーバントを呼び出すことができるので、「伽藍」を呼んでさらなるアタッカーの確保や、「ペルシア」で相手の場のブロッカーを除去したりもできます。

 

サーバント

B03-23 青龍

1コストで条件付きで300/400になれるカードです。能力的には3コストのバニラサーバントと同じなので、序盤の壁としては十分すぎるステータスを持っています。

 

PR-20 もこもこ

自分の使い終わったキャラクターの数だけパワーアップするカード。さらにデッキから呼び出されると【疾風】が付与されるので、主な使い方は「タイター」でアタッカーが欲しい時にデッキから呼び出すことになるでしょう。

 

B02-18 鴨 胡桃

相手の場のマジックアイテムを破壊できるカード。相手の場に残ると厄介なマジックアイテムが出た時に「サンテラ」でデッキから回収してだしたり、「種族:巫女」を持っているので「タイター」の能力でデッキから呼び出すことができます。

 

B03-07 ダイオン

主に「ペルシア」との使い分けになります。相手の場に攻撃力が400以上で体力が300以下のサーバントがいる場合はこちらを出すことになるでしょう。合計コスト3以下なので「サンテラ」でデッキから回収も出来ます。

 

B03-87 ペルシア

主に「ダイオン」との使い分けになります。相手の場に攻撃力が300以下で体力が400以上のサーバントがいる場合はこちらを出すことになるでしょう。合計コスト3以下なので「サンテラ」でデッキから回収も出来ます。

 

PR-061 マーガレット

いわゆるジャイアントスレイヤーです。破壊対象が合計コスト6以上のサーバントと範囲が限定されますが、中コストのカードで高コストのカードを破壊できるのでなかなか悪くない能力と言えるでしょう。合計コスト3以下なので、「サンテラ」でデッキから回収できるのもポイントが高いです。

 

B03-89 朱雀

【疾風】持ちで攻撃時に自分のリミットレベルを上げることができるカードです。生き残れば毎ターン継続的にリミットレベルを上げられますが、それをするには攻撃をする必要があります。相手の場にフリーズ状態のサーバントがいないと必然的に相手のライフに攻撃しなければならないので、相手の残りライフや盤面の状況などを見てよく考えて使いましょう。

 

PR-06 御邪魔虫

相手の場の合計コスト3以下のスタンバイ状態のサーバントを全てフリーズすることができるカード。「種族:巫女」を持っているので、主に「タイター」の能力でデッキから呼び出すことになるでしょう。このカードを出せば一気に決めにいける場合はもちろん、決めきれなくてもフリーズさせた相手のサーバントに攻撃して倒していくことで状況を有利に運べる場合などに出しましょう。

 

PR-54 インダラ

自分の墓地の合計コスト3以下の「種族:十二将」を持つサーバントを蘇生できるカード。主に「ダイオン」や「ペルシア」、「マーガレット」などを使いまわすために出します。アタッカーが欲しい時は「伽藍」を出すなど、状況に合わせて柔軟に対応しましょう。

 

B03-93 晴明

言わずと知れた全体除去カード。基本的に除去は「バサラ」をメインに出していきますが、それだけだと対応しきれない時に場をリセットするために使います。

 

マジックアイテム

B03-96 朱雀の秘書

1コストで装備したサーバントに【疾風】と+200/+0を与えることができるカード。コストが軽く使いやすいので、状況に合わせて「ブライニーネット」でデッキから回収したりして使いましょう。

 

B03-18 黒玻璃のかけら

自分の場のサーバント全てに相手の能力に対する体制を付与できるカード。このカードが出せれば相手に除去を使わせずにこちらが一方的に除去を使ったりできるので、中々強力なカードです。ただ、相手のデッキタイプによっては全く意味をなさない場合もありますので、相手のデッキタイプをよく観察して使うかどうか決めましょう。

 

B03-39 グラムの杖

自分のリミットレベルを上げることのできるマジックアイテムの「十二将」版。「朱雀」で攻撃したくないけどリミットレベルを上げたいという時に使いましょう。

 

 

入れ替え候補

「種族:十二将」ではないですが、デッキの中に白のカードが多いので十分に採用できます。相手の場の制圧から足りない打点の補強などいろいろな役割があります。ただ、「朱雀」でリミットレベルを上げる場合はタイミングが合わないので、ダメージを受けてレベルを上げるか「グラムの杖」を使用してレベルを上げる必要があります。

入れ替え候補は「サンテラ」か「ブライニーネット」です。

 

B01-50 三神 ツクヨミ

こちらも「種族:十二将」ではありませんが採用候補になります。あと一歩の貫通力が欲しいなら採用してみましょう。こちらも入れ替え候補は「サンテラ」か「ブライニーネット」です。

 

B03-26 阿国

「三神 スサノオ」及び「三神 ツクヨミ」を採用するならセットで採用したいカードです。「種族:巫女」なので「タイター」でデッキから呼び出して使うことができます。入れ替え候補は「もこもこ」です。

 

B03-37 理の礎

相手のアタックしてきたサーバントをデッキの下に送ることができるカードです。このカードを使用するなら相手のターンに3エナジーを残しておかなければなりませんが、黒の「バリエル」や「天魔双剣 ラミア」、白の「三神 ツクヨミ」などブロックができなくなるカードを重くみるなら採用してみましょう。