〇デッキレシピ

〇キーカード紹介

〇手札交換の基準

〇デッキの動かした

〇その他カードの採用理由

 

デッキレシピ



 

キーカード紹介

●B06-77 シャンシャン

 

自分のデッキから3コスト以下のマジックアイテムを場に出すことができるカード。このカードは出すマジックアイテムの色を問わないので、赤以外の優秀なマジックアイテムを使用することができるようになります。相手のデッキに合わせて臨機応変に出すカードを変えましょう。

●B06-80 ファイ&サリー

 

相手のサーバントのプレイに追加コストがかかるようになるカード。場に出して置くだけで相手にプレッシャーを与えることができ、効果が重複するので複数枚展開できるとさらにプレッシャーをかけることができます。ただし、相手の場にサーバントやマジックアイテムがない時に出しても普通に除去されるだけになりがちなので、出すタイミングはよく考えましょう。「ボッシュドラゴン」や「クラインドール」と一緒に並べられると効果的です。

●B06-83 創神 バハムート

 

大サイズ+「疾風」+全体バーンのフィニッシャーになるカード。

700/900で「疾風」持ちでさらにアタック時に相手の場のサーバント全てに600ダメージを与えることができる破格のスペックを持つサーバントです。大体のデッキは全体600火力で殲滅できるので、自分の場に他にサーバントが十分にいれば一気にフィニッシュに持っていける力があります。ただし、緑(特にドラゴン)」は素のパワーで上回られたり、「煉人 信長」や「闘神 刃封」+「パプリカンテ」などで返り討ちに合う場合もあるので、脳死でこのカードを出してアタックすれば勝てるという訳ではありません。場をしっかり準備してこそ輝くカードなので、お膳立てはしっかりしてあげましょう。

 

手札交換の基準

初期手札に欲しいのは「シャンシャン」や「ボッシュドラゴン」といった2ターン目に出せるカードと〈種族:十二将〉のカードが1枚以上です。

他に絶対欲しいカードは特に無いですし、最悪はエナジーに〈種族:十二将〉のカードが置ければ「サンテラ」で

サーチもできるので、初期手札の要求値はそれほど高くありません。

 

 

デッキの回し方

 

序盤

3ターン目くらいまでは相手のデッキタイプをよく見ながら「シャンシャン」や「ボッシュドラゴン」などで相手の行動を阻害しましょう。

 

中盤

中盤は引き続き各種妨害カードで相手の行動を阻害しつつ、「四天王寺 弥生」や「闘神 刃封」などで相手の面を削って行きましょう

 

後半

終盤は「創神 バハムート」でフィニッシュを狙っていきます。前述しましたが、「創神 バハムート」は適当に出してアタックしてもそれほど強くないので、効果的になるタイミングを見計らいましょう。相手の場を殲滅してフィニッシュをかけに行っても現環境では「ふぃおりあ」などで打点をずらされる場合もありますので、そうなった場合のリカバリーのプランもしっかり考えて攻めましょう。

 

 

その他カードの採用理由

 

キャラクター 

PR-099 いざよい&つくよみ

自分の退場キャラ置き場のカードの枚数分ドローできるカード。このデッキは手札の維持が難しいので、後半戦の手札枯渇を解消するためのカードです。

 

PR-089 鈴鹿御前

相手のレベル1のキャラクターの起動能力を無効にするか、相手のキャラクターにプレイに制限をかけることができるカード。このカードを場に出したまま「九重 司」で相手の「夜叉香月」などを除去できるのが理想ですが、いざという時は思い切って無効化能力を使用しましょう。

 

B03-61 阿寒

後攻で出すと相手の1コストのサーバントかサーバント化しているレベル1のキャラクターを1枚を除去できるカード

先行で出すとただの300/200サーバントですが、このデッキはキャラデッキのレベルの合計がちょうど10であり、後々「夜叉香月」で手札に変換できるので出し惜しみする意味はあまりありませんので、相手のデッキにもよりますが先行でも1ターン目はこのカードが安定択になるでしょう。

 

B04-81 夜叉香月

自分の場のサーバントを手札に変換できるカード。出た時能力を使い終わったサーバントや相手の除去の対象になったサーバントを新たな手札に変換できるとても使い勝手のよいカードです。ただしこのカードの能力はお互いのターンのメインフェイズ中しか使用できないので注意しましょう。

 

B03-22 サンテラ

自分の手札1枚とデッキの中の3コスト以下のサーバントを交換できるカード。状況に合わせて各種3コスト以下のサーバントを使い分けでき、このデッキだと「シャンシャン」で出すためのマジックアイテムが手札にきてしまった時にデッキに戻すのに使えたりします。

 

PR-090 パプリカンテ

自分の場のサーバント1枚に相手の退場キャラ置き場のカードの枚数分+100/+100できるカード。攻める時に足りない打点を補ったり、【瞬唱】持ちなので攻撃してきた相手のサーバントをサイズの足りないサーバントで返り討ちにしたりと、攻めにも守りにも使える万能カードです。ただしこのカードはデッキに1枚しか入れられず、自分のターンに使う場合はメインフェイズ中のみ使用できるので使うタイミングはよく考えましょう。

 

PR-091 グランダール

相手の場のサーバント1枚をデッキトップに戻せるカード。自身も500/500のサーバントになれるので、対速攻用の壁から終盤の詰める時のブロッカーの除去まで役割は幅広いです。

 

B04-82 九重 司

自身を退場させて相手の場のキャラクター1枚を退場させるカード。出してすぐ能力を使用してもいいですが、このカードの能力はアタック中や相手のターンでもいつでも使用できるので相手の行動をよく見て最適なタイミングで使用しましょう。

 

サーバント

B04-84 紅桜

場から離れた時に相手の場のサーバント1体に200ダメージを与えられるカード。相手サーバントの攻撃を防御して破壊されれば、合計で体力400までのサーバントは相打ちが取れます。体力が低いサーバントならば防御で一体、効果で1体の計2体まで破壊することができます。「夜叉香月」の対象にしても200ダメージを飛ばせるため場に出して無駄になりにくいカードです。〈種族:十二将〉を持っている点も○

 

B05-76 ボッシュドラゴン

相手がサーチと効果でのドローが出来なくなるカード。相手の「サンテラ」や「夜叉香月」を始め、ターンドロー以外のあらゆるドローとサーチが使えなくなるとても強力なカード。「ファイ&サリー」や「クラインドール」といった他の行動阻害系のカードと組み合わせると更に強力になります。

 

B03-86  伽藍

【疾風】持ちでスタンバイ状態のサーバントを攻撃できるカード。エナジーを〈種族:十二将〉に統一する必要がありますが、同コスト帯のサーバントは軒並み一方的に倒せるスペックがあります。主に「ボッシュドラゴン」など序盤に出て残ると厄介な低コストサーバントを除去する為に使用します。

 

B02-109 クリスティーナ

出た時にマジックアイテムを破壊できるカード。このデッキは出されて辛いマジックアイテムが少ない方ではありますが、「クラインドール」などは手札の状況次第では辛くなる場合もあり、「玻璃の樹木」など長期間残ると厄介なマジックアイテムは破壊できるに越したことはないので採用されています。

 

B06-79 マーベラス

相手のサーバントの起動能力を封じることができるカード。別途コストはかかりますが、相手サーバントの起動能力を無効にして同じ起動能力をそのターン中起動できなくすることができます。特に青や緑などは強力な起動能力持ちのサーバントが多いのでそのようなデッキの対策として採用されています。

 

B02-111 四天王寺 弥生

スタンバイ状態の4コスト以下のサーバントを除去できるカード。速攻系のデッキでなければ序盤~中盤はあまり攻撃せずサーバントがスタンバイ状態で残っていることが多いので、能力のスタンバイ状態縛りはあまり気にならないと思います。前述の「伽藍」で倒しきれない体力の高いサーバントはこのカードで除去しましょう。後述の「伊集院 備前」の蘇生の候補にもなります。

 

PR-113 九重 牡丹

 キャラ退場置き場の「九重 司」を蘇生できるサーバント。万能キャラ除去である「九重 司」を再利用できるだけでも強力ですが、蘇生した「九重 司」は700/700の【疾風】持ちサーバントにもなるのでアタッカーやブロッカーとしても利用できます。このカードを墓地に送る事ができれば後述の「伊集院 備前」で蘇生もできます。

 

B05-82 樹氷

 場から離れた時デッキから〈種族:舞姫〉を持つサーバントをコストを無視して出すことができるカード。このデッキでこのカードで出せる〈種族:舞姫〉カードは「シャンシャン」と「伊集院 備前」の2択ですが、コストパフォーマンス的に「伊集院 備前」を出すことがほとんどになるでしょう。追加コストで手札を捨てるので、「伊集院 備前」の能力に必要なマジックアイテムを落としたり、蘇生先を落としたりできるので相性もいいです。このカード1枚で最大4体のブロッカーを確保できるので、相手の猛攻を凌ぐのに打ってつけのカードです。

 

B06-82 物部小太刀

相手のマジックアイテムの能力を全て無効にできるカード。同系統の「シャンシャン」や「ガルデ・ティーク」を多用するデッキや〈種族:舞姫〉のデッキなどマジックアイテムを多用するデッキ相手に出すと相手だけマジックアイテムの能力が無効になりこちらのマジックアイテムの能力を押し付けることができるのでとても重宝します。

 

EX1-45 伊集院 備前

場から離れた時、自分の墓地から4コスト以下のサーバントを2枚まで蘇生できるカード。このデッキは4コスト以下のサーバントはどれも優秀なカードなので状況に合わせて出すカードをしっかりと使い分けましょう。能力の使用に墓地のマジックアイテムを1枚デッキに戻す必要があるので注意しましょう。

 

B05-83 闘神 刃封

 【疾風】持ちでスタンバイ状態のサーバントを攻撃できるカード。前述の「伽藍」をサイズアップしたようなイメージのカードですが、こちらは耐性と相手サーバントをバトルで破壊するとスタンバイできるなどコスト相応の強力な能力も獲得しています。相手のサーバントを倒しつつブロッカーとして残したり、足りない打点の補助まで幅広い活躍が期待できます。前述の「パプリカンテ」と組み合わせれば更に強力になりますが、相手にも「パプリカンテ」がある可能性を失念すると返り討ちに合う場合もありますので、過信は禁物です。

 

マジックアイテム

B06-86 収斂の剣

相手のライフ回復をダメージに変換するカード。緑や白の回復や青のドレイン能力をダメージに変換できるのでそういったカードが出てきそうなデッキ相手に出していきましょう。それ以外のデッキ相手でも+100/+100の装備カードにもなるので無駄がありません。〈種族:十二将〉なのも○。

 

B03-59 ドラゴニックレーション

お互いが通常のエナジーセット以外でエナジーを増やせなくなるカード。このデッキは自分からエナジーを増やすことはないので、緑軸のデッキ相手に出すと相手の展開を一方的に阻害することができます。一応相手のエナジーに送る系の除去で自分のサーバントもエナジーに行かなくなるので注意しましょう。

 

B03-79 クラインドール

お互いが通常のプレイ以外でカードを場に出せなくなるカード。このデッキは特殊な方法でカードを場に出すことを重要視するデッキではないので、このカードを置くだけで相手よりも有利に立ち回れることが多いです。しかし一応「シャンシャン」や「樹氷」、「伊集院 備前」などプレイ以外でカードを場に出すカードも多少なりとも入っているのでただ早めに出せばいいという訳でもなく、このカードを場に出すタイミングは相手のデッキタイプやゲームの展開に合わせて臨機応変に変えていきましょう。

 

B02-131 赤玻璃の水晶

自分のリミットレベルを上げることができるカード。このデッキは「九重 司」や「グランダール」といったレベル2のキャラクターも入っているので、普通にプレイしてもいいですが「シャンシャン」でも出すことができるので状況に合わせて使用していきましょう。

 

B02-129 鳳扇輝

 相手のマジックアイテムを破壊できるカード。使用用途は前述の「クリスティーナ」と同様ですが、このカードは「シャンシャン」の能力で出せるので、状況に合わせて使用していきましょう。

 

 

入れ替え候補

B02-91 ブライニーネット

手札1枚をデッキのマジックアイテムに変換できるカード。このデッキは「シャンシャン」が採用されているのでこのカードの採用優先度は低いですが、後述の「エーリュシオンの鱗」を採用してエナジー加速をしたい場合はセットで採用するといいでしょう。

B06-75 亜棲羽

お互いがプレイ以外でスペルを解決できなくなるカード。このデッキはプレイ以外でスペルを解決することが無いので、相手だけに効果を押し付けることができます。「ガルデ・ティーク」や「古の王 レアンナ」などの対策がしたい場合は採用しましょう。

B04-59 エーリュシオンの鱗

エナジーの総数を1増やす事ができるカード。「シャンシャン」の能力で出せば実質1エナジー加速することができ、これはエナジーゾーンではなく場に置かれるので「バハムート」のコスト軽減能力も邪魔しません。前述の「ブライニーネット」と併せて4枚投入すればかなり早いターンで「バハムート」を出せますが、そうなるとまた違うデッキタイプになります

B04-99 ファルコの金魚

自分のサーバントに1度だけ耐性を与えることができるカード。このカードの能力は「対象にならない」ではなく「効果を受けない」なので強制バトル以外の全体除去なども防ぐことができます。「ボッシュドラゴン」や「ファイ&サリー」など長く場に居続けると強力なサーバントを守りたい場合は採用しましょう。能力使用後はサーバントになるので、ブロッカーや「夜叉香月」で手札に変換できるので無駄が少ないカードです。

B03-19 封墓の書

お互い墓地から蘇生ができなくなるカード。「クラインドール」よりは自分にかかる制約が軽くなるので、黒の対策を厚くしたい場合は入れましょう。一応自分の「伊集院 備前」の能力が使用できなくなりますので要注意です。

B03-18 黒玻璃のかけら

自分の場のサーバントに耐性を付与するカード。このデッキのサイズの大きいサーバントは元から耐性を持っているカードが多いので、このカードはもっぱら低~中コストの妨害系サーバントを守るために採用することになります。相手により強力なロックをかけにいきたいなら採用も考えられます。