スタッフ特製デッキ紹介 「天使」デッキ

〇デッキレシピ

〇キーカード紹介

〇手札交換の基準

の他カードの採用理由

〇デッキの動かした

〇入れ替え候補

デッキレシピ



キーカード紹介

●B07-15 クレイラッド

場に出た時に自分のデッキの1番上のカードを見てデッキの上か下に置くことができる能力と退場キャラ置き場からメインデッキに戻すことでそのターン中だけ手札の〈種族:天使〉のサーバントに【瞬唱】を与える能力を持つカード。このデッキは基本的にこのカードで相手ターン中に【瞬唱】を持たせた各種〈種族:天使〉のサーバントで相手の動きに合わせて展開していくのが大筋になります。

●B01-60 ネフェル

場に出た時に相手の場のサーバントのスタンバイとフリーズを入れ替えることができるカード。自分のターンに出すと相手プレイヤーにダイレクトアタックできなくなるので、サーバントにしか攻撃できませんが、このデッキでは「クレイラッド」の効果で【瞬唱】が付与でき、相手ターン中に出すことができるので、そのデメリットを無かったことにすることができます。相手ターンに出せることで防御の要としてだけではなく、相手のターンに相手のサーバントを全てフリーズさせることで自分のターンに安全に攻撃を通すことができるようになります。このデッキでは攻撃にも防御にも八面六臂の活躍をする影の主役です。

●B07-22 星霊天使 ルリ

場に出た時自分のメインデッキの上から5枚まで見てその中から特定のカードを1枚手札に加えることができ、加えたカードが【瞬唱】を持っている場合、そのカードを0コストとしてそのままプレイすることができるカード。このデッキは「クレイラッド」の効果で手札の〈種族:天使〉のサーバント全てに【瞬唱】を与えることができるので、このカード自体にも【瞬唱】が付き、このカードで手札に加えた〈種族:天使〉のサーバントにも【瞬唱】が付くのでそのまま0コストでプレイできるようになります。【瞬唱】を付与できることを活かして、相手のターンでこのカードを起点にして相手の行動を丁寧に潰していきましょう。

 

 

手札交換の基準

先行ならばとにもかくにも1ターン目に「ヴァンテラス」を出せるかがきもなので、できれば初手に「ヴァンテラス」を確保したいですが、速攻寄りのデッキで手札を切り直して先行を捨てるのはもってのほかなので、どうしても引けない場合は「サンテラ」で回収しましょう。後は先行か後攻かで多少変わりますが、アタッカーを増やせる「ミリュエイラ」、器用な立ち回りができる「ガルデ・ティーク」あたりがあるといいでしょう。

デッキの回し方

序盤

「ベテルギウス」で手札を調整したり「ガルデ・ティーク」で「ジェットサイス」→「卯月」でエナジーブーストしたりして準備をしましょう。

 

中盤

エナジーがある程度増えてきたら動き出しになりますが、基本的には自分のターンは動かず、相手のターンに様子を見ながら「クレイラッド」で〈種族:天使〉を【瞬唱】で場に出しつつ展開や妨害をして行きましょう。

 

後半

ある程度自分の場が展開できたら相手のターンに「ネフェル」で相手のサーバントを全てフリーズさせて相手の攻撃を防ぎつつ返しの自分のターンで一気に攻め切るのが大筋の流れになります。できれば「ふぃおりあ」などで打点をずらされる場合も考慮して攻めましょう。

その他カードの採用理由

 

キャラクター

 

PR-089 鈴鹿御前

場にあると相手が退場キャラ置き場にあるキャラクターと同じキャラクターを使用できなくなる能力と、自信を犠牲にすることで相手のレベル1のキャラクターの起動能力を無効にしてその起動能力の発生源のキャラクターを退場させることができるカード。基本的には前半の効果より後半の効果で「夜叉香月」や「ピエール大聖堂」などの強力なレベル1キャラクターを止めるのが主な仕事になりますが、このデッキだと「パピズム」という起動能力持ちのカードを除去できるカードが採用されているので、このカードを場に出したまま「パピズム」で相手の「夜叉香月」などを除去して2枚目以降を展開させないように立ち回れるとより強力です。

 

●PR-099 いざよい&つくよみ

自分の退場キャラ置き場にあるカードの枚数分ドローできるカード。一度に大量のドローが見込めますが、次の自分のターン終了時まで自分がキャラクターを使用できなくなるデメリットがあり効果中は「ふぃおりあ」などの防御カードも使用できなくなるので、相手に攻め切られないように他の防御手段は用意しておきましょう。

 

●PR-013 ふぃる

場に出た時次にプレイするキャラクターのレベルを1下げた状態でプレイできるようにする能力とそのターン中追加でキャラクターをもう1枚プレイできるようになる能力を持ったカード。基本的に普通にプレイすることはなく、「スーパーセル」の効果で場に出すのが主になります。「スーパーセル」と合わせて使用するとレベル3のキャラクター1枚とレベル2のキャラクター1枚を同時にそのターン中に出せるので、このデッキだと「ステファニー」と「プロビデンス」を同じターンに展開することができます。

 

●PR-118 ふぃおりあ

0/200のサーバントとして場に出すことができて、出た時にライフを300点回復することができるカード。攻撃力が0なので基本はブロッカーにしか使えませんが、【瞬唱】持ちで相手ターンに出すことができるので、相手のフィニッシュターンを遅らせるのに一役買ってくれます。このデッキは序盤の展開力が高いデッキではないので、展開の速い速攻系のデッキ相手の壁役として重宝します。

 

B03-22 サンテラ

手札のカードをデッキの3コストまでのサーバントと入れ替えられるカード。常にアタッカーを切らさないようにこのカードで手札を調整しながら戦いましょう。

 

●B01-90 卯月

自分のエナジーゾーン1枚を墓地に送り、メインデッキの上から5枚までのカードと入れ替える能力のカード。このデッキは白メインなので普通だとプレイはできませんが、「ガルデ・ティーク」で場に出した「ジェットサイス」をエナジーに送ることでこのカードがプレイできるようになり、緑のカードをデッキの白のカードに入れ替えができるので疑似的なエナジーブーストを行うことができます。

 

●PR-131 めるも

場に出た時に自分の場のカードを特定の領域に送り、送った領域からカードを1枚回収することができるカード。送れるカードと回収できるカードに縛りが無く汎用性がとても高く、送るカード次第では実質的に手札を1枚増やすことができます。少なくともいらないカードを必要なカードに変換できる能力はとても強力で中盤~終盤では腐りにくいカードです。

 

●B06-20 プロビデンス

600/300のサーバントとして場に出て、場にある間、自信を含むレベル2以上のキャラクターが相手のスペルや能力の対象にならなくなる能力を持ったカード。基本的には「スーパーセル」+「ふぃる」で「ステファニー」と一緒に出すことがほとんどなので、600/300と500/900の高スタッツとスペルや能力の対象にならないサーバントを並べることができます。

 

●B05-20 ステファニー

デッキからコストの合計が4になるまでサーバントを呼び出すことができるカード。デッキの内容によって出せる選択肢が変わるカードですが、1+3、2+2、4一枚の出し方が主になります。自身も500/900のサーバントなので、「プロビデンス」と一緒に並べられれば相手は突破がかなり困難になるでしょう。

 

サーバント

 

●EX2-11 ベテルギウス

場に出た時に自分のキャラデッキからキャラクターを1枚キャラ退場置き場に送ることで、2枚ドローして手札から1枚をデッキの上か下に置くカード。能力の使用にキャラクターを1枚退場させる必要がありますが、このデッキだと「クレイラッド」を使いまわすことができるので、このカードを複数枚使用したとしても実質使用するキャラクターは1枚で済みます。

 

●PR-101 ガルデ・ティーク

自分の場のサーバント1枚をデッキに戻すことで、戻したサーバントのコスト以下の合計コストのスペルかマジックアイテムをデッキから使用できるカード。このカードは自身も対象に取れるので、他にサーバントがいなくても2コストまでのスペルとマジックアイテムは使用することができます。デッキに入れたカードによってサポートから妨害まで幅広く活躍することができる器用なカードです。

 

●B04-25 天音 潺

場に出た時に数字を1つ指定して、相手の墓地にある指定したコストのカードを全てデッキに戻すカード。黒や赤など墓地のカードを多用するデッキに対しての対抗策としての採用です。相手のデッキタイプによってはこのカード1枚で相手の動きをかなり遅らせることができるので、そのようなデッキとあたったら優先的に出していきましょう。

 

●B05-23 プルミニ

自身をデッキに戻すことでデッキから〈種族:天使〉のサーバント1枚をサーチすることができるカード。このカードの能力は使用タイミングの制限がないので、相手の除去に対して使用してリソースを減らさないようにしたり、相手サーバントの攻撃をこのカードで防御して防御成立後に能力を使用して手札に〈種族:天使〉のサーバントを回収しつつ相手サーバントの攻撃を実質無かったことにしたりすることができます。

 

●EX2-12 ベルナティア

自分の場のキャラクターを退場させることでドローすることができるカード。「クレイラッド」や「サンテラ」などのターン終了時に強制的に退場するカード、能力使用後に場に残り続ける「いざよい&つくよみ」や「めるも」をコストにすれば無駄なくドローすることができます。

 

●EX2-14 セレンスティア

場に出た時、自分の場のカードを1枚デッキに戻すことで相手のサーバント1枚を除去できるカード。能力を使用して場に残り続けている実質バニラカードをデッキに戻せば効果を再利用できる可能性もあり、このカード自身も対象にできるので単体除去スペルのような感覚で使用することもできます。

 

B07-21 パピズム

相手の起動能力を持つカード1枚を除去できるカード。起動能力を持っていれば除去できるカードの種類に制限が無いので幅広いカードを除去することができます。

 

B04-28 樹華

相手の2コスト以下のマジックアイテムを除去できるカード。同じコストだと除去できるコストに制限が無い「鴨 胡桃」がありますが、このデッキだと基本的に自分のターンエナジーを使用せずに相手のターンに動いていく性質上【瞬唱】持ちが相性が良く、「星霊天使 ルリ」の効果で出すこともできるので特に相性が良いです。

 

●B04-31 アリスタル

場に出た時に数字を1つ指定して、相手の除外ゾーンにある指定した数字の合計コストを持つカード全てをデッキに戻すカード。「天音 潺」の除外版といった能力のカードで、青や〈種族:巫女〉など除外を多用するデッキへの対抗策として採用されています。このカードはコスト的に「サンテラ」でサーチはできませんが、〈種族:天使〉なので「クレイラッド」で【瞬唱】を付与できるので、「天音 潺」と違いカウンター気味に使用することもできます。

 

●B01-71 セントリエル

場に出た時に自分のキャラデッキから1枚退場させることで相手のサーバントを除去することができるカード。このカードも「ベテルギウス」同様「クレイラッド」を使いまわすことでキャラクターの消費を抑えて能力を使用することができ、「クレイラッド」の能力で【瞬唱】を付与されたこのカードを場に出し、「クレイラッド」を退場させることで次のターンに「クレイラッド」を退場キャラ置き場に送る手間を省くことができます。

 

スペル

 

B01-79 守護の護符

相手のスペル1枚を打ち消すことができるカード。最近では「スーパーセル」を始めとして強力なスペルが増えてきていて、それらのカードを1コストで無効にすることができ、デッキによっては動きを大幅に制限することができるようになったりします。【瞬唱】持ちの白のスペルなので「星霊天使 ルリ」の効果で使用することもでき、最悪手札になくてもデッキの上からめくれれば使用できる可能性もあります。

 

B04-36 織戸媛

自分の墓地のカードを全てデッキに戻した後に2枚ドローすることができるカード。長期戦になってしまった際などに一度仕切り直しと手札の補充ができます。

 

B07-27 ジュエルパース

ターン終了時まで自分の場のサーバント全てが相手の効果を受けなくなるカード。単体除去だけではなく全体除去も防ぐことができ、サーバントを大量展開して攻めるタイプのこのデッキとは相性が良いです。「守護の護符」同様【瞬唱】持ちの白のスペルなので、手札になくても「星霊天使 ルリ」でデッキから使用できる可能性があります。

 

PR-108 スーパーセル

 ターン終了時まで自分のリミットレベル+1とキャラデッキからレベル0のキャラクターを出すことができるカード。

このカードの効果で「ふぃる」を出すことでそのターン中レベル3とレベル2のキャラクターを1度に展開することができます。普通にプレイする以外にも「ガルデ・ティーク」で4コスト以上のサーバントを対象にすればデッキから使用することができます。

 

マジックアイテム

 

B03-18 黒玻璃のかけら

自分のサーバントをバトルとスペル以外から守ってくれるカード。基本的に横展開してガンガン攻めるデッキなので除去耐性を付与できると安心して攻めることができます。ただしこのデッキでは「ガルデ・ティーク」の効果でしか出せないので、手札に引いてしまったら「サンテラ」や「ベテルギウス」でデッキに戻しましょう。

 

B02-26 グロノスの鎌

自分の場の〈種族:天使〉のサーバントの攻守を強化できるカード。このデッキはある程度展開力は高いデッキですが、サーバント1体ごとのサイズがそれほど大きくないので、このカードで底上げをしてフィニッシュ力を補強することができます。普通にプレイしても良いですが、「ガルデ・ティーク」で出すこともできるので覚えておきましょう

 

B07-42 ジェットサイス

自分の場のからエナジーゾーンに置くことができるカード。単純に1エナジー増やすことができますが、このデッキだと色が合わないので、「卯月」と併用して白のカードに変換しましょう。

 

B03-79 クラインドール

お互いにプレイ以外でカードを場に出せなくなるカード。このデッキはプレイ以外でカードを場に出す効果を持つカードは少なく、デッキの主軸である「星霊天使 ルリ」の効果は「プレイ」として場に出す効果なので引っ掛かることはありません。このカードを出すとほぼ一方的に相手の動きを制限することができるので、そのようなデッキとあたった場合は積極的に場に出していきましょう。ただし、このデッキだと「ガルデ・ティーク」の効果でしか出す事ができないので、手札に引いてしまった場合は「サンテラ」や「ベテルギウス」でデッキに戻してしまいましょう。

 

入れ替え候補

 

●B06-32 ラーティング

相手がプレイ以外で場に出したカードをデッキに戻すことができるカード。デッキに戻せるカードの種類に制限が無いので相手がプレイ以外でカードを場に出す効果を多用するデッキ相手には刺さりますが、場に出た後でないと戻せないので場に出た時に発動する能力は無効にできず、そのカードが場に出たターンにしか戻せないのでその点には注意しましょう。【瞬唱】持ちの白のスペルなので「星霊天使 ルリ」の効果で使用することができます。

●EX1-18 リスキュードの呪法

相手の5コストか7コストのサーバントのプレイか起動能力を無効にしてデッキ下に送ることが出きるカード。5コストと7コストのサーバントと対象がピンポイントですが、5コストと7コストのサーバントは「煉人 信長」や「晴明」など強力なカードが多く、それらを止められれば大きなアドバンテージを得ることができるでしょう。【瞬唱】持ちで白のスペルなので「星霊天使 ルリ」の効果で使用することができます。

●B03-18 黒玻璃のかけら

自分の場のサーバントが相手の能力の対象にならなくなるカード。役割的には「ジュエルパース」と被る部分があり、「ジュエルパース」と違い全体除去は防ぐことができませんが、こちらは維持できれば継続的に相手の単体除去などを防ぐことができます。