スタッフ特製デッキ紹介 「白コントロール」デッキ

〇デッキレシピ

〇キーカード紹介

〇手札交換の基準

の他カードの採用理由

〇デッキの動かした

〇入れ替え候補

デッキレシピ

 

 カードNO.  カード名  枚数
 ●キャラクター
 B01-46  純潔の四大守護天使  1枚
 B01-49  三神 スサノオ  1枚
 B01-50  三神 ツクヨミ  1枚
 B02-15  豊雲野  1枚
 B03-22  サンテラ  3枚
 PR-04  ハインシュ

 1枚

 PR-017  セントリーゲル

 1枚

 PR-051

 クロエ

 1枚

 ●サーバント
 B01-62  セントクラン  3枚
 B01-71  セントリエル  3枚
 B01-75  三神 アマテラス  4枚
 B02-16  パルメラ

 1枚

 B02-18  鴨 胡桃

 1枚

 B02-21  若藻  2枚
 B03-26  阿国  4枚
 B03-31  タイタ―  4枚
 B03-34  美咲鬼  4枚
 B03-36  アンテラ  2枚
 PR-06  御邪魔虫  1枚
 PR-055  もこもこ  4枚
 ●スペル
 B01-81  天使昇天  4枚
 B03-37  理の礎  3枚

キーカード紹介

●B03-31 タイタ―

 

このデッキには「鴨 胡桃」「阿国」「御邪魔虫」「もこもこ」と<種族:巫女>を持つカードを多数採用していて、多彩な効果を持つそれらのカードを状況に応じて打ち分けられるこのカードは重要なカードとなります。

デッキに1枚しか入っていない巫女もいるのでその場合はエナジーに置いてしまう前に「サンテラ」を使いデッキに戻してしまうのもありです。そうすればデッキに4枚入っているこのカードさえ引ければ必要な時に出すことができます。

 

●B01-75 三神 アマテラス

 

初弾から人気な白のエースアタッカーです。「三神 スサノオ」や「三神 ツクヨミ」は登場させなくても「セントクラン」「セントリエル」で退場させることができるので、こちらを使うとスムーズかもしれません。

状況によっては「三神 スサノオ」「三神 ツクヨミ」のどちらかしか落とせないという事もあり得るので、その場合後半に使う時にどちらを使う可能性が高いかをよく考えてから落としましょう。

このカードは「三神 スサノオ」を使った除去性能、「三神 ツクヨミ」を使った決定力のある大事なカードなのでどこで場に出すかがカギとなります。

●B03-34 美咲鬼

盤面をリセットする効果を持った非常に強力なカードです。

「もこもこ」や「アマテラス」で先にガンガンライフを削りに行き、相手がLv3のキャラクター等を使い盤面を取り戻そうとしてきた時にこのカードが光ります。

攻守が高くなりやすい「もこもこ」や「三神 ツクヨミ」の効果を得た「三神 アマテラス」を押しつけにいき相手のリミットを上げてしまってもこのカードでカバーしきれることが少なくないのでこのデッキにはぴったりのカードになります。

 

 

●B03-36 アンテラ

 

白特有の効果を持つ珍しいカードです。退場キャラ置き場のカードをキャラデッキに戻すということは、実質キャラクターレベルを回復できるということです。終盤ジリ貧になった時にLv3のキャラクターを再利用するのも強力ですし、リミットレベルが上がっていなくても「サンテラ」を戻して次のターンに「阿国」をサーチしこのカードに「三神 ツクヨミ」の効果を与えるだけで勝てたりもします。サポート役的な立ち位置のカードです。

手札交換の基準

序盤は「サンテラ」を使い安定した動きをすることが可能なので、逆に後半で使えるカードをどれだけ引けてるかの方が大事でもあります。後半に出したいカードがある程度引けているか、序盤に置いておきたい「もこもこ」や「セントクラン」があるといいでしょう。

デッキの回し方

序盤

「もこもこ」、「セントクラン」を出していきます。手札に無ければ「サンテラ」も利用しましょう。

相手が十二将の場合「B03-86 伽藍」によって「もこもこ」が倒されてしまう恐れがあるので、そうなることが予想できる場合は1.2ターンに「サンテラ」を使用すれば防ぐことができます。

 

中盤

「セントクラン」の起動能力が1ターンに何度でも起動できることを利用して「もこもこ」を強化しながら攻撃していきます。「セントクラン」の効果で「三神 スサノオ」「三神 ツクヨミ」も落としておくと後半「三神 アマテラス」で詰めに行くとき楽になります。「タイタ―」等も使っていきましょう。

 

後半

後半になるとライフの削られた相手にLv3のキャラクターを使われ不利な場になっていることが多いです。そのときは一旦落ち着いて「美咲鬼」を場に出してから「三神 アマテラス」「阿国」等でライフを削りに行きます。

その他カードの採用理由

 

キャラクター

B01-46 純潔の四大守護天使

手札がやや無くなりやすいこのデッキには大事なドローカードです。同じような効果を持ちさらに便利な「B03-21 タイジョウ」ではなくこちらを採用する理由としては、デッキから引き切ってしまった巫女を戻したり、「タイジョウ」と違い退場キャラ置き場に置かれるので「もこもこ」の火力アップにも繋がります。

 

B01-49 三神 スサノオ

序盤にガンガン攻撃してくるデッキにも有効なカードです。「三神 アマテラス」「阿国」の効果でも場に出せるので、その前に「セントクラン」や「セントリエル」の効果で退場キャラ置き場に落としておきたいところです。

 

 

●B01-50 三神 ツクヨミ

終盤最後の詰めで活躍の機会が多いカードです。こちらも「三神 アマテラス」「阿国」の効果でも場に出せるので、その前に「セントクラン」や「セントリエル」の効果で退場キャラ置き場に落としておきましょう。

 

●B02-15 豊雲野

「セントリーゲル」と使い分けになります。盤面を取りにいくこちらか、速攻性のある「セントリーゲル」かみたいな感じなので状況に合わせて使いましょう。ただし出す前に「セントリエル」と「セントクラン」がデッキに残っているかよく確認してください。

 

B03-22 サンテラ

全体的にコストの重たいこのデッキの序盤を支える大事なカードです。手札と相談して必要なカードを持ってきましょう。

 

●PR-04 ハインシュ

ドロー力の弱いこのデッキの弱点を補うカードです。登場条件がエナジーゾーンに白のカード5枚以上のときなので注意してください。

 

●PR-017 セントリーゲル

決定力の高い「三神 アマテラス」を呼び出せ、また自身の攻守も700/700とかなりの高水準なので使い勝手がいいです。同じLv3のキャラクターである「豊雲野」と違いこちらの方が登場条件が緩いので頭に入れておくといいかも知れません。

 

●PR-051 クロエ

このデッキの主な使い方は「セントリエル」の効果を使いたいけど無駄にキャラクターレベルを使いたくない時にLv0であるこのカードを選んだり、「もこもこ」の攻守を上げる為に「セントクラン」から落としたりします。

このカードの効果を使える機会がきたら、「美咲鬼」を先に出しこのカードを使い、エナジーをスタンバイさせ「タイタ―」→「もこもこ」と繋げると大きなダメージを与えることができます。

 

 

サーバント

B01-62 セントクラン

このデッキにおける序盤の重要なカードです。このカードの攻撃力を上げるというよりも「もこもこ」の攻守を上げる為にキャラクターを大量に落としたり、後半に出す「三神 アマテラス」の下準備として「三神 スサノオ」「三神 ツクヨミ」を落とす目的で使います。

 

B01-71 セントリエル

コスト5の単体確定除去持ちです。「セントクラン」等でキャラクターレベルを10使い切ってしまった場合やキャラクターレベルを消費したくない場合は「クロエ」を落としましょう。

 

●B02-16 パルメラ

1コスト枠のサーバントです。相手によっては出せなくてもいいし、出したい時は「サンテラ」から持ってきましょう。

 

B02-18 鴨 胡桃

相性の悪いマジックアイテムを置かれたときの為に採用しています。このデッキだと「サンテラ」や「タイタ―」の効果でデッキから持ってくることができます。

 

B02-21 若藻

相手のリミットレベルをそこそこ早い段階で上げてしまうこともあり、相手に先にレベルの高いキャラクターを出されがちなのでこのカードが役に立つ場面がちょくちょくあります。

 

●B03-26 阿国

退場キャラ置き場にある「三神 スサノオ」か「三神 ツクヨミ」を場に出せる便利なカードです。コスト2ですがこのカードを場に出すタイミングはもう少し後になります。

 

●PR-06 御邪魔虫

「タイタ―」から呼び出す選択肢の1つです。小さいサーバントがたくさん並んでいる場合は「阿国」→「三神 ツクヨミ」よりもこちらを場に出しましょう。

 

●PR-055 もこもこ

攻撃にも防御にも回れる優秀なカードです。特に「サンテラ」等の使い切りのキャラクターや「セントクラン」との相性が良く、容易に攻守を上げることができます。終盤に「タイタ―」から出てくるこのカードは相手にとって脅威なので退場キャラ置き場にはある程度の枚数を貯めることを意識しましょう。

 

 

スペル 

B01-81 天使昇天

余裕がある時に「ハインシュ」を使い手札を補充したり、攻撃的なデッキに対してリミット2になればいつでも「セントリーゲル」や「豊雲野」を出せるようにします。白のカードには何種類かリミットを上げられるカードがありますが、ドローを優先したいのでこのカードを採用しています。

 

B03-37 理の礎

中コスト帯の時に「もこもこ」や「阿国」を出して余ったコストで構えたり、終盤等で防御では止められない攻撃を防ぐために使います(「三神 ツクヨミ」の効果を付与されたサーバントの攻撃や、黒の「B01-30 バリエル」の攻撃、【貫通】を持ったサーバントの攻撃等)

余談ですが、このカードは流行の「黒玻璃のかけら」では無効にされません。

入れ替え候補

B01-60 ネフェル

相手のライフを削らず盤面の有利を取りに行けるカードで、使いたい時に「サンテラ」から持ってこれます。個人的にオススメしたい1枚です。

 

B01-79 守護の護符

たったの1コストで相手のスペルを無効にできる便利な瞬唱です。

 

●PR-013 フィル

Lv3のキャラクターは2枚もいらないという方にはオススメです。「もこもこ」の攻守をもう一回り上げたり、「セントリエル」の効果がもう一回分多く使えるようになります。もちろん普通に使っても相手の計算を狂わすことができるので優秀です。