〇デッキレシピ

〇キーカード紹介

〇手札交換の基準

〇デッキの動かした

〇その他カードの採用理由

〇入れ替え候補

デッキレシピ



キーカード紹介

●B06-77 シャンシャン

 

場に出た時に自分のメインデッキから【装備】を持たない3コスト以下のマジックアイテムを場に出すことができるカード。このデッキだと「メルニア」と「ルーンの槍」以外の全てのマジックアイテムを場に出すことができ、自分の展開補助から相手の妨害まで幅広く活躍するカードです。

●B05-82 橘 静愛

 

【疾風】持ちで自分の墓地のマジックアイテムの枚数分攻守が強化されるカード。このデッキのメインアタッカーで、しっかり準備できれば攻守1000越えも狙えます。さらに「メルニア」装備させれば1ターンに2回攻撃できるようになるので、このセットを複数用意することができれば相手に大きなプレッシャーを与えることができるでしょう。「皇乃斐子」によるサーチや「樹氷」や「伊集院 備前」、「織戸羽 琴音」などプレイ以外で場に手段もそれなりに豊富なので、このカードをどれだけ早く大量展開して攻めに行けるかがこのデッキの運用の鍵になります。

 

手札交換の基準

「シャンシャン」があるとエナジーブーストや各種サポート、妨害カードを使用できるので、優先的に確保したいです。「シャンシャン」が初期手札に引けなくても「皇乃斐子」があればデッキからサーチもできるので、そのどちらかは最低でも手札にあるのが望ましいです。

デッキの回し方

序盤

序盤の数ターンは基本的に準備の時間になります。「シャンシャン」で展開の補助をするか相手の妨害をしつつ「橘 静愛」を展開する準備を進めましょう。

 

中盤

「シャンシャン」でエナジーブーストができていれば4ターン目くらいから動き出しできます。「樹氷」から「伊集院 備前」を経由して展開していくか、「スーパーセル」が引けていれば「織戸羽 琴音」から大量展開が狙えます。この時「鳳凰の扇子」が場にあると展開できる量が増えるので余裕があれば場に出しておきましょう。

 

後半

場に大量展開したサーバント達で総攻撃をしかけ相手のライフを一気に削りにいきましょう。ターンを分けて攻撃すると返しの相手のターンに場をリセットされる可能性もあるのでなるべく1ターン中に展開して相手に反撃させないように攻め切りましょう。

その他カードの採用理由

 

キャラクター

 

PR-013 フィル

場に出たターン中自分は追加で1枚キャラクターをプレイすることができ、そのキャラクターのレベルを-1した状態でプレイできるカード。普通に使用するとこのカードでプレイ権を使用するので追加で1枚プレイできるだけですが、「スーパーセル」の効果で場に出すことでキャラクターのプレイ権を使用せず、さらに追加で1枚の計2枚のキャラクターをプレイすることができるようになります。

 

PR-118 ふぃおりあ

0/200のサーバントとして場に出すことができ、場に出た時にライフを300点得ることができるカード。このデッキは序盤ある程度準備をする必要があるので、展開の速いデッキ相手だと準備が整う前に攻め切られてしまうこともありますが、【瞬唱】持ちで除去されにくいタイミングでブロッカーとして出すことができ、ライフを300点得ることができるので、相手の計算をずらすことができます。

 

B01-90 卯月

自分のエナジーゾーンにあるカード1枚を墓地に送ってデッキの上から5枚までのカードの中から1枚と入れ替えることができるカード。「ジェットサイス」と組み合わせることでエナジーブーストすることができ、マジックアイテムが墓地に落ちるのがこのデッキの内容と大変マッチしています。

 

PR-131 めるも

自分の場のカードを特定の領域に送り、送った領域のカードを回収することができるカード。自分の場のカードを1枚と交換なので基本は1対1交換ですが、「いざよい&つくよみ」など効果を解決した後は置物になってしまうカードを手札に変換したり、「樹氷」や「伊集院 備前」など場を離れると能力が発動するカードの能力を発動させつつカードを回収することもできます。カードを送った領域から回収しないことも洗濯できるので、例えばエナジーゾーンにカードを送ってカードを回収しなければ疑似的なエナジーブーストを行うこともできます。

 

B02-91 ブライニーネット

手札を1枚捨ててデッキからマジックアイテムを1枚手札に加えることができるカード。このデッキのマジックアイテムは「シャンシャン」でデッキから場に出していくのが基本的な流れですが、「シャンシャン」だけでは対応しきれずに手札から普通にマジックアイテムをプレイしたい時や、手札にエナジーにも置けないカード(「黒玻璃のかけら」や「クラインドール」など赤以外のカード)が残ってどうしようもない時などに使用します。

 

B04-81 夜叉香月

自分の場のサーバントを好きな枚数墓地に送ってそれを手札に変換するカード。基本的にはいらなくなったり相手ターンの除去の対象になったサーバントを手札に変換するカードですが、このデッキでは「樹氷」や「伊集院 備前」のように場を離れた時に能力が発動するカードがあるので、それらの能力を発動させるトリガーとしての役割もあります。

 

B04-63 九重 司

自身を退場させることで相手の場のキャラクターを1枚退場させることができるカード。1対1交換なので枚数のアドヴァンテージは変化しませんが、退場させるキャラクターのレベルに制限は無いので、レベル3以上のキャラクターを退場させれば合計使用レベルでのアドヴァンテージは取れます。このデッキでは唯一のキャラクターに干渉できるカードなので、相手のキャラクターを退場される際はどのキャラクターを退場させるかよく吟味しましょう。

 

B04-63 織戸羽 琴音

デッキから〈種族:舞姫〉のサーバントを1枚場に出し、さらに自分の場のサーバントを1枚墓地に送ることで追加でもう1枚デッキから〈種族:舞姫〉のサーバントを出すことができるカード。デッキから1枚と自分の場のいらないサーバントを墓地に送ることで更にもう1枚合計2枚の有用な〈種族:舞姫〉サーバントを場に出すことができ、「樹氷」や「伊集院 備前」などを墓地に送ることでさらに後続のサーバントを呼び出すことができます。「鳳凰の扇子」の効果を適用できればさらに倍のサーバントを展開できるので、デッキと墓地の状況次第ではこのカード1枚から場に「メルニア」付きの「橘 静愛」を大量展開して一気に攻めることも可能です。自身も700/700の高サイズのサーバントなので、ブロッカーとしても次のターン以降はアタッカーとしても優秀です。

 

B02-49 リライザ

【疾風】持ちで自身の墓地にあるマジックアイテムの数だけ攻守が強化されるカード。そのままだと「橘 静愛」と似たような能力のキャラクターだが「メビウスの鎌」の能力と組み合わせることで場を1度リセットすることができ、相手のデッキ次第ではありますがある程度安心してアタックすることができます。相手が「ふぃおりあ」などを採用している場合攻撃が止められる場合もありますが、エナジーがあればこちらは再展開してから攻撃でき、「樹氷」や「伊集院 備前」などが場にある状態でリセットをかければ自分はさらに展開してから攻撃できます。相手の場に大量のサーバントが並んで中々攻撃が通せない時などは狙ってみるのも良いでしょう。

 

サーバント

 

B07-58 皇乃斐子

自分のデッキから〈種族:舞姫〉のサーバントを1枚手札に加えて、手札のカードを1枚デッキの下に置くカード。自分の手札のカードをその時必要な〈種族:舞姫〉のサーバントに変換でき、特にこのデッキはマジックアイテム全般は「シャンシャン」で場に出す都合上デッキに残っていた方が良い場合が多いので、それらのカードを引いてしまった時にこのカードでデッキに戻すことができます。

 

PR-129 物部 輝夜

場に出た時に相手の場のサーバントに100点のダメージを与えることができるカード。普通に体力100点のサーバントに能力を使用しても良いですし、バトルなどでギリギリ相打ちを取れない相手サーバントに止めを刺したり、自身が【瞬唱】持ちなので、実質攻撃力300のサーバントとしてブロックできたりと器用に立ち回ることができます。「鳳凰の扇子」と組み合わせるとさらに与えられるダメージが増やせます。

 

EX2-41 卑弥呼

エナジーゾーンにある時と墓地にある時にそれぞれサポート能力を発揮するカード。自分のエナジーゾーンにある場合は、エナジーゾーンにあるマジックアイテムに〈種族:舞姫〉を与えることができるのでキャラクターの登場条件を満たしやすくなったり、墓地にある間は自分の場に〈種族:舞姫〉のサーバントが出た時に1ターンに1度だけエナジーを1枚スタンバイすることができます。どちらの能力も一見派手さはありませんが、発揮されるとじわじわと効いてくるタイプの能力なので余裕があればどんどん狙っていきましょう

 

B02-113 風見 帝姫

場に出た時に自分の場のサーバントにデッキから3コスト以下の【装備】を持つマジックアイテム1枚を装備させることができるカード。このデッキだと「メルニア」か「ルーンの槍」が選択肢になり「メルニア」は「橘 静愛」などのアタッカーが2回攻撃できるようになり、「ルーンの槍」は自分の場のサーバントが好きなタイミングで相手のサーバント1枚を除去できるカードにすることができます。どちらを優先するかは状況次第ですが、「伊集院 備前」で墓地から蘇生もできるので、使い回して1ターン中に複数枚装備させることも可能です。

 

B02-111 四天王寺 弥生

場に出た時に相手の場の4コスト以下のスタンバイ状態のサーバント1枚を墓地に送ることができるカード。条件付きですが、自身と同コスト帯までのサーバントを除去できるので対象範囲は広めです。このデッキだと貴重な除去カードなので、相手の場に残り続けると厄介なサーバントを除去したり、攻めるタイミングで相手のブロッカーを除去したりと出番はそれなりに多いです。

 

B05-82 樹氷

場から離れた時に手札を1枚捨てることでデッキから〈種族:舞姫〉を持つサーバントを1枚出すことができるカード。このデッキだと全てのサーバントを出すことができますが、基本的にはこのカードよりコストの高い「伊集院 備前」を出すのが主になると思います。この時にコストとしてマジックアイテムを捨てておくと、「伊集院 備前」の能力で戻すカードも確保できるので無駄がないでしょう。もちろん状況次第で出すべきサーバントも変わってくるので状況に合わせて適宜出すサーバントは選んでいきましょう。

 

B02-63 伊集院 備前

場から離れた時に墓地のマジックアイテムを1枚デッキに戻すことで自分の墓地から4コスト以下のサーバントを2枚まで場に出すことができるカード。コストは下がるとはいえ1枚で2枚展開でき、このデッキの4コスト以下のサーバントはどれも主戦力になるサーバント達なので、攻めるタイミングでこのカードから大量展開を狙うも良し、除去されたカードを再展開するも良しと攻めにも守りにも活躍できるカードです。

 

スペル

 

PR-108 スーパーセル

ターン終了時まで自分のレベルを+1でき、追加でレベル0にキャラクター1枚をキャラデッキから出すことができるカード。このカードと「フィル」を組み合わせることで同一ターンでレベル3とレベル2のキャラクターを1枚ずつ使用することができます。

 

マジックアイテム

 

B04-97 メルニア

サーバントに装備できるマジックアイテムで、特定のサーバントに装備させると追加能力を得られるカード。通常だと装備されたサーバントに+100/+100する能力で、〈種族:舞姫〉のサーバントに装備されているとそのサーバントが攻撃した時に1ターンに1度だけスタンバイすることができます。「橘 静愛」などのメインアタッカーに装備させて相手の防御が追い付かない回数アタックすることで相手を一気に攻め切ることも可能です。

 

EX2-45 ミル

自身を墓地に送ることで相手の場の起動能力を持つマジックアイテムを墓地に送ることができるカード。対象のカードが発生源の起動能力諸共無効にして墓地に送れるので、相手の起動能力持ちのマジックアイテムを封殺できます。

しかし、このカードのプレイに対して起動能力を使用されると流石に対応は無理なので、なるべく相手が起動能力を持つマジックアイテムを出す前に先に場に置いて置けるのが理想です。

 

B06-86 収斂の剣

お互いにライフ回復がダメージに変換される能力と、その能力を失う代わりに自分の場のサーバントを強化する装備カードとして装備することができるカード。白や緑などの通常のライフ回復や青の相手からライフを吸い取る通称「ドレイン」系能力によるライフ回復をダメージに変換できるので、相手にライフ回復されて勝負を決めきれず後で逆転されるといったことを防ぐことができます。一応自分も回復が逆転しますが、ライフを回復するカードを入れなければ相手に一方的に能力を押し付けられます。相手がライフ回復をしないデッキ相手でも、サーバントを強化できる装備カードとしても使用できるので、どんなデッキ相手でも腐りにくいです。

 

B06-87 練武封刀

相手が起動能力を使用するたびに自分が1枚ドローでき、起動能力でターン終了時までサーバント化できるカード。

「夜叉香月」を始めとした場に残って継続的に起動能力を使用するデッキ相手に場に出しておくとどんどん手札を補充することができます。また、攻撃力0とはいえサーバント化もできるので緊急時のブロッカーにもなることができます。注意点として、ドローする能力は強制で発動するのであまり維持しすぎると逆に自分の首を絞めることもありますので、そのあたりはちゃんと調整しながら使用しましょう。

 

B03-18 黒玻璃のかけら

自分のサーバントが相手の能力の対象にならなくなるカード。このデッキは耐性を持つサーバントがいないのでこのカードで自分のサーバントに耐性を与えることができます。場持ちすると強いサーバントを維持しやすくなるのは強いですが、このデッキだと「シャンシャン」でしか出すことができないので、引いてしまった時などは何らかの方法でデッキに戻しましょう。ちなみにスペルは防ぐことができないので、強化された「橘 静愛」などでアタックした時に相手に「炎心厳無」で跳ね返されるなんてことも起こることもありますので注意しましょう。

 

B03-79 クラインドール

お互いがプレイ以外でカードを場に出せなくなるカード。基本的には相手を妨害する目的で出すカードですが、自分にも効果が及びますので出すタイミングを間違えると自分の首も絞めてしまうことになりかねません。相手のデッキによって最適な出すタイミングが異なりますが、自分が一通り展開し終わった後に相手を蓋をする目的で出すのが良いでしょう。

 

B07-42 ジェットサイス

場にある自身をエナジーゾーンにゾーンに送ることができるカード。このデッキでは「シャンシャン」で場に出した後に能力を使用することでエナジーブーストすることができますが、このデッキだと色が合わないので、「卯月」で赤のカードに変換しましょう。

 

B07-70 鳳凰の扇子

自分の場に出た〈種族:舞姫〉のサーバント場に出た時に誘発する能力を追加でもう一回発動することができるようになるカード。1ターンに1回しか発動しないとはいえ、同じコストで効果が倍になるのはとても破格の能力といえるでしょう。ただ、相手もこのカードが場に残り続けると辛くなるのは明白なので除去の対象になりやすく、ただ出してターンエンドだとテンポロスしてしまうこともあるので、なるべくならこのカードを出した同じターンに出た時誘発能力を持つ〈種族:舞姫〉のサーバントを出せるようにしておくとロスを減らすことができるでしょう。

 

B06-89 鬼神符

お互いに除外ゾーンに送られるカードが全て墓地に送られるようになるカード。主に青や〈種族:巫女〉など除外ゾーンを多用するデッキに対するメタカードで、相手の準備の妨害と自分のカードが除外ゾーンに送られて触れなくなるといったことを防ぐことができます。

 

B06-88 メビウスの鎌

自身を墓地に送ることで自分のメインデッキからマジックアイテムを2枚まで墓地に送ることができる能力と墓地にある時に「リライザ」が場に出た時に「リライザ」以外のお互いの場のサーバントを一掃できる能力のカード。前半の効果はデッキからそのゲーム中使用しないであろうマジックアイテムを墓地に落とすことで「橘 静愛」や「リライザ」など墓地にマジックアイテムがあることで恩恵を得るカードの強化をしつつデッキを圧縮することができます。

後半の効果は「リライザ」以外のサーバントを一掃できるので状況次第ではそのまま決めることもできますが、昨今は「ふぃおりあ」などの防御札で止められることが多いので、一掃能力で「樹氷」や「伊集院 備前」などを巻き込ませて再展開ができるようにしておくと良いでしょう。

 

B02-129 鳳扇輝

自身を破壊することで相手の場のマジックアイテムを破壊することができるカード。「ミル」よりコストは重いですが、その分破壊できるマジックアイテムに制限が無いので、「ミル」の対象外の場に残って常時能力を持つマジックアイテムなどをこのカードで処理しましょう。

 

B02-131 赤玻璃の水晶

自身を破壊することでそのターン中自分のリミットレベルを+1できるカード。「シャンシャン」でデッキから出したり、「ブライニーネット」でデッキからサーチすることができるので、比較的自由なタイミングで使用できます。「スーパーセル」→「織戸羽 琴音」のコンボで「シャンシャン」でこのカードを場に出して能力を使用すると「リライザ」も一緒に出すこともできます。

 

B02-132 ルーンの槍

このカードを装備しているサーバントを墓地に送ることで相手の場のサーバント1枚を墓地に送ることができるカード。自分の場のサーバントを好きなタイミングで相手のサーバントを除去できるカードに変化させることができる、このデッキでは数少ない除去カードの1枚です。 

 

入れ替え候補

このデッキの入れ替え候補は少し特殊で、性質上デッキの枚数が多少多くなっても問題なく機能するので、カードの入れ替えをせずに直接投入することも検討できます。

 

B03-82 ビカラ

自身が【疾風】持ちの700/700サーバントで、場に出た時にデッキから赤の3コスト以下のサーバントを1枚を出すことができるカード。採用する場合は「リライザ」の枠と交換になります。お互い【疾風】持ちの高サイズサーバントですが、「リライザ」は「メビウスの鎌」とあわせて盤面のリセットができるのに対して、こちらは純粋にサーバントを追加展開できる能力なので役割が異なります。場に出すサーバント次第でいろいろできるので汎用性はこちらに軍配が上がるでしょう

EX1-44 風見 織姫

相手の場のフリーズ状態のサーバント全てを墓地に送り、送った枚数まで自分のデッキから【装備】を持つマジックアイテムを装備することができるカード。純粋な〈種族:舞姫〉のサーバントでは唯一複数のサーバントを除去できるカードで、除去ができればデッキからマジックアイテムを装備できるので、装備するカード次第でその後の役割が変わってきます。

対象がフリーズしているサーバントだけとはいえ、展開の速い速攻系のデッキが攻撃してくるのを耐えた返しのターンなどはフリーズ状態のサーバントが多く場にある状況になることが多いので、そのようなタイミングに使用すれば一気に逆転も狙えます。このカードを採用するなら、このカードが装備できるマジックアイテムを少し増やしてあげた方が良いでしょう。

B03-96 朱雀の秘書

装備したサーバントに【疾風】と+200/+0するカード。このデッキのメインアタッカーである「橘 静愛」は元々【疾風】持ちなので恩恵はあまりありませんが、それ以外のサーバントは基本的に【疾風】持ちはいないので、1コストで攻撃できるサーバントを増やせるのは優秀です。「風見 帝姫」で装備させたり、上記の「風見 織姫」などを採用する場合は特に入れておくと役に立つでしょう。

B03-59 ドラゴニックレーション

お互いが通常のエナジーのセット以外でエナジーにカードを置くことができなくなるカード。主に緑や〈種族:巫女〉などのエナジーゾーンからカードを展開したり、エナジーブーストを多用するデッキに対してのめたカードになります。そのようなデッキに対しての対策を厚くしたいなら採用しましょう。